So-net無料ブログ作成
検索選択
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

  
ガンプラ、フィギュア等の新製品はこちら

MG ガンダム Ver.1.0 [ガンプラ完成品]

20世紀に作ったMGガンダムです。

IMGP6035_ep3_sc.jpg

IMGP6037_ep3_sc.jpg

IMGP6040_ep3_sc.jpg

IMGP6048_ep3_sc.jpg

IMGP6043_sc.jpg
カラーレシピ
本体白キャラクターホワイト
本体赤キャラクターレッド
本体青キャラクターブルー
本体黄キャラクターイエロー
関節失念
武器失念
墨入れTEジャーマングレー
デカールキット付属
※ GC:ガンダムカラー、TE:タミヤエナメル、なし:クレオスMrカラー
解説
記念すべきガンプラ本格復帰第1作目のMGガンダムVer.1.0です。
といいつつ、このキットが発表されてから発売まで3か月くらいあった間に練習に何体か作っているので、厳密にいうと1作目ではないんですが・・・。
キットは、もちろん新発売と同時に購入。家に帰ってパッケージを開けた時、ものすごく感動したのを覚えています。しかも組んでみたら、本当に箱絵と同じ形のガンダムが出来上がるんです。今では当たり前なのかもしれなせんが、当時としては画期的なことでした。
製作の方は組立説明書の通り組み立て、一応基本工作はやりました。
高校生の頃からバイクのタンクなどで合わせ目消しはやってましたが(やり方は今主流の接着剤大量盛りではなくタミヤのプラパテで埋めていた)、墨入れやスジ彫りはHJ誌ムックのガンポンガンダム編を見て初めて知り、実際にやってみました。
当時は耐水ペーパーにあて木をするなんて知らなかったので、エッジがかなり丸くなってます。
またスジ彫りも、ニードルではなく確かその辺にあったマイナスドライバーでやったので、今見るとかなり太いですね(笑)。
塗装の方は、本体は缶スプレーで。最後の艶消しクリアも缶スプレーです。関節と武器は筆塗りだったのかスプレーだったのかさらには使った色も忘れてしまいました。
こうして今見ると、かなり出来が悪いですが(当時はもちろん凄い物を作ったと思っていた)、何はともあれ、このキットがなければガンプラ製作を復帰することも無かっただろうし、こうしてガンプラのブログやHPを作ることもなかったと思うので、私にとってはかけがえのないキットです(そういう人結構多いんじゃないでしょうか)。

完成:1995年、制作期間:1995年~1995年(実期間:確か約1か月くらい)
主な改修点
■腕
・手首は、軟質素材の方をお湯で温めて加工

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


おすすめ商品

 
ガンプラ新製品
 
 
プラモデル新製品
 
 
フィギュア新製品
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。