So-net無料ブログ作成
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

プラモデル・フィギュア新製品
 
[黒ハート]他にもあるよ[黒ハート]
 

MG ガンダムGP01Fb [ガンプラ完成品]

20世紀に作ったGP01フルバーニアンです。
IMGP6070_ep3_sc.jpg

IMGP6063_ep3_sc.jpg

IMGP6067_ep3_sc.jpg

IMGP6079_ep3_sc.jpg

IMGP6081_sc.jpg
カラーレシピ
本体白(MAX塗り)タミヤアクリル混色(詳細失念)
本体青(MAX塗り)
本体赤(MAX塗り)
本体黄
関節
武器
墨入れTEジャーマングレー、TEハルレッド
デカールキット付属
※ GC:ガンダムカラー、TE:タミヤエナメル、なし:クレオスMrカラー
解説
MGのガンダムGP01Fbです。
実はキット発売時はこのガンダムGP01というか0083のことを全く知らず、慌ててレンタルビデオ屋さんに行った記憶があります(笑)。
このキットでは、初の本格的な改造と、MAX塗りを実施しました。
改造の方は、始めはこのキットの前に発売されていた地上タイプを作っていて、MJ誌のガンポンガンダムGP01編を参考に太ももを幅増しして(これはうまくいった)、次はすねだということで、あまりにも直線的なラインを緩やかな曲線にしようとやってみたんですが、作例のようにはうまくいかず、そうこうしているうちにFbが発売されたので、いつの間にか地上タイプはパーツ取りと化していました。
まあ、アニメの方でもMk2なんかは実際1体をパーツ取りにしたんだから、と妙な理由をつけて納得していた記憶があります(笑)。
塗装の方は、この頃HJ誌でバンバン特集組んでいたMAX塗りに挑戦、というか、サフ吹いてミディアムブルーで全身塗って、なんとなく上に白を吹いてみたらいい感じのグラデーションになったので、おーっ、これがMAX塗りかあって感じでした。ちなみに青や赤は、サフに黒でシャドウ吹きしたあと、クリア半分混ぜた青や赤を上塗りしています。
で、自分でもびっくりするくらいあまりに塗装がうまくいったので、当時有名だったガンプラサイトにネット初投稿してみました。多くの方からお褒めの言葉を頂きとてもうれしかったのを覚えています。
このキット、色々初物づくしで思い出深いキットですが、キットを複数使って完成させる(いわゆるニコイチ)という悪手?を使ってしまった初のキットでもあります。というわけで、このあと未完成病地獄にハマっていくのであります(笑)。

完成:1998年(多分)、制作期間:1997年~1998年(実期間:不明)
主な改修点
■頭
・マスク部を後ハメ加工(してないかも)
■胴体
・上腹部は高さ詰め、下腹部は高さ増し
■腕
・上腕サイドの出っ張りを大型化
・肩のバーニアを市販オプションパーツに置換
■脚
・太ももを幅増し
・ふくらはぎを幅詰め

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
ガンプラ新製品
 
 
 
プラモデル新製品
 
 
 
フィギュア新製品