So-net無料ブログ作成
検索選択
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

  
ガンプラ、フィギュア等の新製品はこちら

HGUC ギラズール(キュアロン機) 05(完成)  [ガンプラ完成品]

HGUCギラ・ズール(キュアロン機)が完成しました。
 

基本ポーズ。
まずはキュアロン機オリジナル武器装備状態。
PK7C3893tsu.JPG
PK7C3902tsu.JPG
PK7C3911tsu.JPG
PK7C3920tsu.JPG
PK7C3929tsu.JPG

このキット、キュアロン機専用の武器の他に、一般販売の親衛隊機の武器が全部ついてきます。
ということで、親衛隊機装備状態。
PK7C3938tsu.JPG
PK7C3947tsu.JPG

さらに、キュアロン機専用+親衛隊機武器のフル装備状態。
流石の迫力ですね^^/
PK7C3956tsu.JPG
PK7C3962tsu.JPG
PK7C3974tsu.JPG

武器全部はずしたスッピン状態。
PK7C3869tsu.JPG
PK7C3878tsu.JPG

上半身&下半身のアップ。
精神的に力尽きて、エングレービングの塗装(というかエナメル白の拭き取り)が少し雑になってしまいました^^;
PK7C3993su.JPG
PK7C4007t.JPG

ここからは、アクションポーズ。
まずはロングレンジビームライフル。流石このキット専用の武器、見栄えしますね。
PK7C4016tsu.JPG
PK7C4028tsu.JPG

もうひとつの専用武器、シュツルムファウスト。
肉抜き穴の処理に苦労しました(怒)
PK7C4070su.JPG

ビームマシンガン&ビームアックス。
PK7C4085tsu.JPG

ロケットランチャー&ハンドグレネード。
しかし、投擲武器が宇宙空間で役に立つのか謎だ(笑)
PK7C4100tsu.JPG

最後は武器一覧。って、ロケットランチャー入れ忘れてる^^;
一通りポーズ撮った後なので本体には一部塗装剥がれが(泣)
PK7C4127tsu.JPG

カラーレシピ
本体緑 フィールドグリーンFS34097
本体暗緑暗緑色(中島系)
エングレービング等の白クールホワイト、TEホワイト
胸、襟、袖の黒TEブラック
動力パイプGCイエロー(1)+ダークイエロー+オレンジ
胸の茶色マボガニー
足首GCファントムグレー
モノアイHアイズの裏にメタルテープ
バーニア外側焼鉄色
バーニア内側、シュツルムファウストGCレッド(1)
武器、関節GCMSグレージオン系
武器センサー類ダイソーメタルテープ各色、ハセガワミラーフィニッシュ
ロケットランチャー、ハンドグレネード暗緑色(中島系)+ダークイエロー+ウイノーブラック
ビームアックス蛍光グリーン 
スミイレTEブラウンスミイレ用、GMブラウンスミイレ用、コピックブラック、など
デカールガンダムデカールDXユニコーン用
※ なし:クレオスMrカラー、MP:みるきぃぱすてる、GC:ガンダムカラー、GM:ガンダムマーカー、
  TA:タミヤアクリル、TE:タミヤエナメル

解説
 プレミアムバンダイ限定販売のHGUCギラ・ズール(キュアロン機)です。
 一般販売の親衛隊機のバリエーションキットで、違いは右肩がザクシールドになり、武器としてロングレンジビームライフルとシュツルムファウスト8本が付いてくること。あと、ギラドーガシールドもでかいのが付いてきました(ノーマルサイズもそのまま付いてくる)。親衛隊機についてくる武器は全てついてきてさらに専用武器もたくさんついてくるのに、何故かお値段据え置き(どちらも定価2160円税込)というお買得?キットです。
 しか~し!、このおまけ?でついてきた専用武器に難点が。
 ロングレンジビームライフルはバッチリなのに、シュツルムファウストは一体成型で砲弾部半面にでっかい肉抜き穴が。結局、この穴埋めのために元々あった羽状モールドは全てオミットし、0083あたりのシンプルな形状となりました。
 ちなみに上の写真の武器一覧の一番下段にあるのは説明書にない一般販売親衛隊機の武器。こんなにつけてこなくていいから、ギラ・ドーガのシュツルムファウストつけろよ!、と愚痴りたくなります(ギラ・ドーガのは肉抜き穴ないどころか砲弾部が別パーツで2色構成)。
 シュツルムファウストは残念な仕様でしたが、このキット、本体の方はMGなみのパーツ構成で色分けがほぼ別パーツとして再現できており、素晴らしいの一言(エングレービング除く)。したがって工作の方も先端尖らせたりとかの見栄え工作が中心の小改造のみでした。
 塗装の方は、本体緑に選んだフィールドグリーンFS34097がふたの色からしてもうちょっと明るい緑を想定していたけど、いざ塗ってみると暗めな感じに。乾く前は丁度よい感じだったので、気付いたときはほとんどのパーツ塗り終わった状態。今更別の緑買ってきて塗り直すのも大変なのでそのまま採用しちゃいました。こうしてみるともう少し明るくてもよかったかなあ。逆にもう一つの候補だったGCグリーン4だと明るすぎただろうからまあ良しとします^^;
 でも緑が暗かったりとか胸サイドの色をグレーと間違って茶色にしちゃったりとかそんなことは些細なこと。このキットというかズール系最大の難点がエングレービング塗装。これを耐えられるかどうかで出来栄えが全然変わってくるという。私は、最後の方は耐えきれずに燃え尽きてしまいました^^;
 塗装法としては、胸、襟、袖の部分はラッカー白の下地にエナメル黒吹いて黒を落とす方法で。こちらは比較的簡単&キレイにできました。胴体、肩、足などの模様は、エナメル白を筆塗りで。こちらはずーっと極細面相筆による超細かい作業の連続でとにかく地獄な作業でした。とくに半丸状の足はほんと大変でした。しかも何日もかけて塗ったのに、塗膜弱くてあっさりはげるという(泣)。エナメル白の上からスーパークリア3を吹いてますが効果は薄いようです。もうガックリです(修復する気力もおきない^^;)
 デカールは、塗装で疲れ果てたので、最近の作品からすると少なめ。ちなみに91番は某氏に対抗してダジャレです(きゅう+アローン)。
 大した改造もせず塗装も設定通りのベタ塗りなのに、でっかい肉抜き穴に地獄なエングレービング塗装とほんと大変なキットだったけど、なんとか完成してよかったです^^;

完成:2015年11月、制作期間:2015/05~2015/11

主な改修点
・頭部
 モノアイを丸バーニア&Hアイズに変更
・腕
 肩のスパイク部分をトゲトゲ加工
・胴体
 腹部パーツの後ハメ加工
 股関節パーツ一部を巾詰め
 腰フロントアーマーを左右分割
 腰アーマー裏側にモールド追加
・足
 ひざ関節の太もも側を延長してポリキャップ隠し
・武器
 左腕側シールドの取っ手を余っていた袖パーツと一体化(ぐらつき防止策)
 左腕側シールドの裏面の厚みアップ&モールド追加
 シュツルムファウストの肉抜き穴を穴埋め
 シュツルムファウストのトリガー部分を穴空け
 シュツルムファウストの取付けは、内側目立たない位置にマスキングテープを貼って調整
 ビームアックス、ロケットランチャーの取付けをネオジム磁石に変更
 ハンドグレネードの取付け部分を片面だけプラ板で穴埋め

※ 製作記事はこちら(1234)


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 6

トコっち

完成おめでとうございます!
いや〜、本当に(別の意味で)素晴らしいキットですね。(^_^;)
値段が安いのは材料費が抑えられたため(=肉抜き穴)かと思っちゃいますね。
でも、このボリューミーなキットをしっかりと完成させらるなんてスゴイです!
スバラシイ作品、堪能させていただきました!!(^o^)
by トコっち (2015-11-21 23:24) 

Ulitzen

トコっちさん、こんばんは~&お誉めの言葉ありがとうございます。

>値段
おっしゃる通りなんでしょうね~。まあでもこうして完成させてみると、肉抜き穴なし専用武器のみと、肉抜き穴あり武器全部つきどっちがいいと言われると確かに悩みどころ^^;

>ボリューミー
UC物は本体大きめで見栄えする機体が多いですね。組みやすいのが多いしお勧めですよ。ただ細かい塗り分けも多いのが難点だけど^^;

by Ulitzen (2015-11-21 23:36) 

ぽ村

こんぬつわ♪

いやぁプレバンでなければお金握り締めて買いにいける内容ですね(そして積み山になる;)

濃い目のグリーンが精悍に見えて大変良い感じ・・・
そして紋様がとてもキレイに塗装できてますね!

投擲武器は・・・
宇宙空間でもトラップ系戦術に使えるんじゃないかなぁ・・・寡兵な残党っぽく
by ぽ村 (2015-11-22 11:27) 

Ulitzen

ぽ村さん、こんばんは~&お誉めの言葉ありがとうございます。

>内容
確かに武器がたくさんついてきてお買得品ではありますね。でも塗装の面倒くささを思うと積み候補No1かも(笑)

>グリーン
ザクより濃いってことで今回の色を選んでみました。でもちょっと濃すぎたかなあ^^;
模様はやっぱりエナメル拭取り方式が効いてますかね。

>投擲武器
なるほどトラップですか。ってイメージわかない^^;
煙幕はるぐらいには役立つのかな。


by Ulitzen (2015-11-23 18:03) 

モリタケンジ

乗り遅れ気味で恐縮ですが完成おめでとうです。

肉抜き穴埋めとエングレは、やはりこのキットの鬼門だったようで……。
それどころか寸法設計がややこしそうなシールド裏もちゃんとやるとか…どれだけ愛注いでいるのかと!

あ、そういえば、ウチにも作り途中の同型機が一個あったような…ような?(後ろを振り向く勇気無し

by モリタケンジ (2015-12-11 02:23) 

Ulitzen

モリタケンジさん、こんばんは~。

>鬼門
まさにその通りでして。肉抜き穴は何とか耐えれたけど、エングレービングは流石にめげました^^;

>シールド裏
今回は左右2枚の隙間を真ん中のモールドで隙間を隠すという作戦でいったので、完ぺきな切り出しはいらないですよ。でもそれなりの精度は必要でノギス必須ですが^^;

by Ulitzen (2015-12-12 00:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


おすすめ商品

 
ガンプラ新製品
 
 
プラモデル新製品
 
 
フィギュア新製品
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。