So-net無料ブログ作成
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

プラモデル・フィギュア新製品
 
[黒ハート]他にもあるよ[黒ハート]
 

HGUC リックドム・ツヴァイ 07(完成) [ガンプラ完成品]

HGUC リックドム・ツヴァイが完成しました。
 

基本ポーズ。
PK7C3505tsu.JPG
PK7C3514tsu.JPG
PK7C3523tsu.JPG
PK7C3532tsu.JPG

アップ写真。
いつもの上半身に加えて、目玉?の赤線部のアップ。
PK7C3766su.JPG
PK7C3784su.JPG

ドムといえばバーニア。
このキットの場合、全部で19個!
肩の4つを合わせれば、なんと23個!
しかし、このアングルは、人間(女性)だったら間違いなく犯罪です(笑)
PK7C3655tsu.JPG

武器一覧。
ザクシールドは、HGUCゲルググマリーネのものを別途購入。
手首は、HGUCRザクのものをやはり別途購入して移植。
PK7C3665tsu.JPG

ここからは、アクションポーズ。
オーソドックスに、ジャイアントバズ&ザクシールド。
PK7C3595tsu.JPG
PK7C3712tsu.JPG

バズーカ2丁持ち。
ビームバズーカは、HGUCドムから拝借。
PK7C3625su.JPG
PK7C3613su.JPG

マシンガン両手持ち。
左手のザクマシンガンは、HGUCシャアザクから拝借。
手首はRザクの物に置換してあるので、普通に持つことができます。
PK7C3637tsu.JPG

サーベル&シュツルムファウスト。
PK7C3646tsu.JPG

他キットの比較(クリックで拡大)。
旧キット&HGUCドム(ドワッジに改造)。
今回のツヴァイは2mmほど延長しているので、その分ちょっとノッポに。
PK7C3691su.JPG

HGUCシャアザクゲルググJ
ツヴァイは、延長した分ゲルググJとほぼ同じ身長に。
こうして並べてみると、ゲルググはザクとドムの合いの子に見えてくる?
PK7C3700su.JPG

最後は、仮組み~完成写真の比較(クリックで拡大)。
PK7C3447thikaku2su.jpg

カラーレシピ
本体ブラックミッドナイトブルー+ウイノーブラック
本体ブルーミディアムブルー+パープル
本体グレー、武器、関節などMSグレージオン系
とさか、赤線、バーニア内側などシャインレッド
サーベルクールホワイト+スカイブルー
ザクシールドGCグリーン4
バーニア外側、内部メカなどシルバー+ブラック
モノアイ、武器センサーなどHアイズ(グリーン)の裏にメタルテープ、ダイソーメタルテープ各色
スミイレTEブラウンスミイレ用、コピックブラックなど
デカールハイキューパーツ NCデカール05 オレンジ&ブルー 1/144
サテライトデカール ナンバーデカール
ガンダムデカール 1/144ジオン用各種
※ なし:クレオスMrカラー、MP:みるきぃぱすてる、GC:ガンダムカラー、GM:ガンダムマーカー
  TE:タミヤエナメル、TA:タミヤアクリル

解説
 HGUCのリックドム・ツヴァイです。
 このキット、プロポーションも問題なく、一見よさげなキットだけど・・・、細かくみていくと結構残念な所が。工作の方はその辺りの改修作業がメインとなりました。
 まず最大の問題である、立ち姿が格好悪いというかいわゆるカトキ立ちがまともにできないこと。足首がふくらはぎ内部に当たって可動範囲が狭いことが原因ですが、これを直すのにふくらはぎに大幅な改造を実施しました。
 この足首問題は、みなさん悩まされているようで、ネット検索するとボールジョイントを4mmとか5mm延長する人もいるようですが、そうすると、今度は足首とふくらはぎの隙間が・・・。ということで、外に1mm延長2mm」という線で落ち着きました。でも、他キットと並べてみるとこれでも浮いてる感が出てしまってますね。う~ん。
 この他には肩アーマーや頭部などにチマチマと見栄え工作をしてますが、そんな中効果が高いのは手首カバーとRザクの左握り拳。手首全部をRザクのものに置換しましたが、以外に違和感なくマッチしてますね。あとふくらはぎの切欠き埋めも意外と効果高いです。
 塗装の方は、いろいろ悩んだ挙句、リアルタイプ風に仕上げることに。HGUCドム(ドワッジに改造)に続き、今回も1/100リアルタイプドムの箱写真を見て思いつきました。たまたま、曲線用マスキングテープを入手したので(詳しくはこちら)、試してみたくなったってのもあります(笑)。
 リアルタイプ風ということで、コーションデカールを中心に、とにかく大量にデカールを貼りつけ。最終的には各パーツに平均3~4枚くらいずつ貼ったんじゃないかと。これも非常に疲れました(笑)。
 ちなみに今作は、0080に登場したグラーフ・ツェッペリン隊の小隊長機という想定です。番号はキット付属が56なので隊長機っぽく51に。イチローの背番号復活記念という意味もあります。

 おまけ。完成したとき某模型情報誌(WEB化してしまいましたが)の大型コンテストが募集中だったので応募してみました。結果は・・・、2次予選落選でした。見た目が大きく変わるような改造もなく塗装もわりと普通なのでこんなもんでしょう。あっ、リアルタイプ風をMSV風と間違えて応募したのがいけなかったかな(笑)

完成:2015年4月、制作期間:2014/10~2015/04

主な改修点
・頭部
 モノアイをHアイズに置換&横方向に可動化
・腕
 手首をHGUC高機動ザクのものに置換
 手首カバーを自作
 肩バーニアを市販品に置換&内部をプラ版でダボ隠し
 肩アーマーをポリ接続に置換
・胴体
 腰バーニアを市販品に置換
 胸パーツを後ハメ化
 アクションベース用接続穴を開口
・脚
 足首用ボールジョイントパーツを外側に1mm移動、高さを2mmほど延長
 ふくらはぎの内側折り返し部分を除去
 ふくらはぎ後ろ側の切欠きをプラ版等で穴埋め
 ふくらはぎ内部バーニアを後ハメ化
 足首アーマーを2mmほど幅増し
 足裏の肉抜き穴を穴埋め
 足裏のバーニアを市販品に置換
・武器&バックパック
 バックパックのバーニアをHGUCドムのものに置換
 ザクシールド(HGUCゲルググマリーネのもの)を追加で制作
 ジャイアントバズのパイプ部分を0.8mmしんちゅう線に置換
 ジャイアントバズの砲口を開口

※ 製作記事はこちら(123456)


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 4

ぽ村

こんばんわー♪

いやーキレイで清潔感溢れるリックドムⅡですねえ~

この時期のHGUCとなると、やはり手の造形が気になるようで
自分もHGUCゲルググJ用にいくつか手首を用意していたりします(いつ制作するかは謎;)


旧キットも懐かしい!
えらいチビなドムなんだなぁ・・・と、組んだ当時首を傾げました

「コレならHGUCも買っても良いかも・・・」
とか思っちゃいますが、
仮組みからの写真を見ると、コレも大改修の結果の格好良さなんですねぇ・・・
まだちょっと勇気要るかも;


ともあれ、久々の完成作品、堪能させていだきました。
次回もたのしみにしてまー☆
by ぽ村 (2015-06-14 22:51) 

モリタケンジ

ご無沙汰してますー。(実はずっと見てましたが)

リックドム2、しかもMSV風赤ライン!とは、なかなかにマニアック!
このキット、自分もずいぶん前に作りましたが、足首とかまでは考えが及びませんでした…。

ともあれ、まずはおつかれっした!
by モリタケンジ (2015-06-16 01:04) 

しょういちろう

お久しぶりです!
コメント入力したと思ったら消えてしまっていたようです。
しかし箱の横にある写真のような美しい仕上がり!しかもデカールの余白がまったく見えない。これ表面処理と合わせてすごいことだなぁと感激です
次回作も楽しみにしています!
by しょういちろう (2015-06-16 11:12) 

Ulitzen

ぽ村さん、モリタケンジさん、しょういちろうさん、こんにちは~。
みなさん、おほめの言葉ありがとうございます。

>手首
最近のキットの手首は造形いいんですが、大きめサイズの物はなかなかいいキットがないんですよねえ。ぽ村さんのを参考にさせていただきます^^;

>旧キット
私も買った時は、ちっちゃ、って思った記憶が。並べてみるとやっぱり小さいですね(笑)

>HGUC
足首さえ直せば一気によくなるキットなんだけど、どうにもならないのがなんとも。構造的に巾詰めも厳しいし。顔はクリアパーツ付きだし、他は文句ないんだけどなあ(手首のぞく)
う~ん、残念(笑)

>MSV風
リアルタイプの箱写真みて赤線入れてみました。肩は形状的に厳しいのでスルーです。
ちなみに、モリタケンジさんの作品、後ハメとか足裏とか結構参考にさせて貰ってます^^;

>デカール
HowTo本通りやればだいたいうまくいきますよ。
あっ、貼る前に全体にスーパークリア3吹いてツヤツヤ状態にしているのがいいのかもしれません。スミイレもキレイに落ちますし、お勧めですよ。



by Ulitzen (2015-06-20 13:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
ガンプラ新製品
 
 
 
プラモデル新製品
 
 
 
フィギュア新製品