So-net無料ブログ作成
検索選択
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

  
ガンプラ、フィギュア等の新製品はこちら

HGUC スタークジェガン 10(完成) [ガンプラ完成品]

HGUC スタークジェガンが完成しました。
  
基本ポーズ。
今回は正面、斜め前、後ろに加え斜め後ろも(結構格好いいので)。
PK7A6000tsu.JPG
PK7A6002tsu.JPG
PK7A6004tsu.JPG
PK7A6007tsu.JPG

こちらは増加装甲をはずしたバージョン。ちなみに顔もノーマル顔にしています。
PK7A5983tsu.JPG
PK7A5990tsu.JPG

上半身のアップ。
PK7A6048su.JPG

下半身のアップ。
PK7A6081su.JPG

各部のアップ。
左はスターク顔、右がノーマル顔。
ちなみにバイザー・メインカメラ部はどちらも同じもの(付け替えている)。
バイザー部はハセガワミラーミラーフィニッシュの上にクリアブルー塗装(やり方こちら)。
PK7A6070su.JPGPK7A6076su.JPG

肩と腕の増加装甲。
ミサイルポッドはなかなかの迫力です^^/
肩のサイドのバーニアはキットのままだとショボかったので市販パーツでデコレート。同様におしりのバーニアも置換してます。
また手首カバーには熱収縮チューブを使っています。
PK7A6061su.JPGPK7A6063su.JPG

腰と足の裏。
足裏も一応塗り分け。腰はじめ各部の丸ポチはメタルボール(もどきだけど)。
PK7A6058su.JPGPK7A6055su.JPG

ビームライフル持ったところ。
宇宙用なのでアクションベース2を使用。
PK7A6011tsu.JPG

バズーカ持ったところ。
PK7A6018tsu.JPG

もう一丁バズーカ。
PK7A6020tsu.JPG

ビームサーベル。
ってあまりいいポーズが浮かばなかったので左手に^^;
PK7A6028tsu.JPG

最後は箱絵をイメージしたデジラマ。ってみないで作ったんで、アングルとかちがうなあ^^;
PK7A6037su2.jpg

ちなみにこちらが箱絵と元絵。
IMGP1748su.jpgPK7A6037su.JPG

カラーレシピ

本体黄緑 MPマスカットグリーン
襟・腰・かかとの緑MPターコイズグリーン 
増加装甲などの紫MPウィステリアブルー
ミサイル・ふんどし部などの赤シャインレッド
胸フィン・バーニアなどの黄GCイエロー1
武器・関節などミディアムブルー+エスペリオリティブルー
頭部バイザーハセガワ  ミラーフィニッシュ→メタルプライマー→クリアブルー
頭部メインカメラ・武器センサーなどダイソー メタルテープ
バックパック・脚部バーニアシルバー+ブラック+GCブルー11
各部丸ポチなどTAガンメタル
アーマー裏などTAジャーマングレー
スミイレTAニュートラルグレー、Gマーカースミイレ用グレー、コピック ブラックなど   
デカールキット付属
※ GC:ガンダムカラー、TA:タミヤアクリル、MP:クレオスみるきぃぱすてる、なし:クレオスMrカラー

■解説
HGUCのスタークジェガンを作りました。
工作の方は大幅改造はなしで、写真の説明にもある通り、見栄えアップのため細かい所をチマチマと色々なマテリアルを使って作りました。
頭のアンテナにはステンレス線&アルミパイプ、肩やおしりのバーニアに胸のバルカンは市販オプションパーツ、各所の丸ポチはメタルボール(実は百均のチェーンアクセサリ)、手首カバーには熱収縮チューブ、顔のバイザーにはハセガワミラーフィニッシュ、そして武器類センサーやメインカメラにはメタルテープを使用です。
う~ん、こうして書きならべてみると本当に色々使ってるなあ^^;
でもメタルボールは色塗っちゃったんで全然金属パーツっぽくないですね。この色ならメッキのままで良かったかな。
あと忘れちゃいけないのがスジ彫り。
クレオスのラインチゼル0.1mmを手に入れたんで、普通のスジから凹凸の境目まで片っ端から彫りこみました。
普通のスジは細いスジ彫りとなり効果は非常に高いですが、凹凸の境目は結局サフで埋まっちゃったりするので効果はいま一つかな。
なので、凹凸の境目までわざわざ折れるリスクが高いラインチゼルやBMCタガネの極細サイズを使って彫りこむ必要はない(普通のニードルで十分)、ってことですね。
塗装の方は、なんと無謀にもメインカラーにクレオスのみるきぃぱすてるを使っちゃいました^^;
ジェガンって設定の色が薄緑系なんでグリーンVer.ならなんとかなるかなあっていうのと、買ったはいいけど一生使わないかもって色もセットにあるんで、今回チャレンジしてみました。
正直、各パーツごとに塗ってる段階では一体どんだけ逝っちゃった配色になるんだよと思ってましたが、組んでみると意外とイケてる?^^;
ただ、襟・ふんどし・かかとの緑(ターコイズグリーン)は、鮮やかな中に鮮やかな色が入っててちょっとうるさい感じなんで、青Ver.や普通の色からセレクトした方が良かったかも。
あと、スミイレはいつもはタミヤエナメルなんですが、写真にもある通り最初にスミイレしたノーマル顔のバルカンポッドがいきなり割れたんで、もうエナメルなんかでやってられるか~!、ってことで、今回はタミヤアクリルでやってみました。
やっぱり浸透力というかスーって流れていく力はエナメルの方が遥かに高いですが、まあアクリルでもなんとかなる、ってのが結果ですね。
量にもよりますがエナメルならしばらくそのままでも十分流れてくれますが、アクリルはちょっと経つと顔料が粉状に乾いてきて全く流れなくなってくるので、ちょくちょく溶剤・塗料を足して(5分間隔くらい)、濃度を調整してやる必要があります。そこさえ注意すれば十分アクリルでスミイレ可能です。
ってことで、この先ガンプラのスミイレにはエナメルはもう使わないかもしれません。

さて、ジムキャノンに続き、またまたデジラマにチャレンジしてみました。
今回は切り絵をしなきゃいけなかったんですが、思ったより簡単にできました(ちなみに使用ソフトはパソコンについてきたペイントショップというフォトショップもどき)。
また後ろの爆発は、壁紙サイト(http://www.spacewallpapers.net/)から拾ってきた星雲?の写真だったりします(加工あり)。ちゃんと爆発してるでしょ?^^;
あと、切り絵やバーニアの吹き出しなどのやり方は、Zacrowさんのテクニックサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございます<(_ _)>。

このキット、云わずと知れたガンダムユニコーン登場機体ですが、私自身はいまだ映像はおろか小説すら読んでない状況です^^;
じゃあなんで買ったかというと逆シャアMSVのイラストで超格好良かったから。
まあでも結局オリジナルカラーにしちゃったんであんまり関係ないですね^^;

完成:2010年6月、制作期間:2010年2月~2010年6月(実期間:約3か月)

■主な改修点

・全体
 各部の丸い凹モールドをメタルボールに置換
・頭
 バルカンポッドのアンテナ&基部を0.5mmステンレス線&0.8mmアルミパイプに置換
 バルカン砲を0.8mmアルミパイプに置換
・腕
 モナカな肩アーマーを後ハメ加工
 肩のサイドのバーニアを市販オプションパーツでデコレート
 熱収縮チューブで手首カバーを製作
・胴体
 胸部バルカンを市販オプションパーツに置換
 各関節パーツの肉抜き穴をエポパテで穴埋め
 襟パーツを後ハメ加工
・腰
 アーマー裏をエポパテ・プラ板で埋めた
 ポリキャップ丸見えだったのでサイドアーマーの取付をバネ式に置換
 股関節パーツを後ハメ化
 おしりのバーニアを市販オプションパーツに置換
・脚
 膝関節の肉抜き穴をエポパテで穴埋め
 増加装甲のベルト部の隙間をエポパテで穴埋め
 増加装甲サイドパーツの裏側を削って密着度をアップ
・バックパック
 中央のタンクパーツを後ハメ化
・武器
 バズーカのパイプモールドを0.8mmアルミパイプに置換
 何故か先が平らなビームサーベルの先端を先鋭化

※ 製作記事はこちら(123456789) 

nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 8

ぽ村

こんばんわっす

制作過程見ながら
「どんな色になるんだろう…:」
とソワソワしてましたが、MPのあの使いにくそうな色(失礼)、結構合ってますね。
そこはセンスの賜物なんでしょうか?

MP…購入候補に入れとこう^^

実物はもっと質感違うかもしれません。
いつか実物が見れると嬉しいですw
by ぽ村 (2010-06-24 02:14) 

Ulitzen

ぽ村さん、こんばんは~&niceありがとうございます。

私も他に使い道ないと思って使ってみましたが、意外と普通な感じになりました^^;
で、実際の色合いですが、うちのPCで見る限り、黄緑(マスカットグリーン)は写真より彩度が高いというかちょっと蛍光チックにぼわっと光ってる感じかな。かなり強烈な黄緑色です。
紫(ウィステリアブルー)の方も、もうちょっと鮮やかな感じですね。
ターコイズグリーンは大体写真の通りです。
で、マスカットグリーンは本当に使い道が?ですが、残りの2色は他にも色々使えそうです。


by Ulitzen (2010-06-24 19:35) 

Zacrow

引越ししてもSonnetIDはそのままなのでniceをぽちっと。
この黄緑はまた綺麗な色ですねー。ジェガンの作例は結構見てきたけど凄く鮮烈でした。
工作は細かいディテールだけとの事ですが、こういう工作をきっちりやると仕上がりに差が出ますよね。
解る人にしか解らないのが辛いところですが^^;
デジラマテクはお役に立ったようでうれしいです!
いやぁ、面倒だったけど残してよかった。
by Zacrow (2010-06-24 21:53) 

あびぴろ

きましたねー!完成おめでとうございます。
まさしくパステルなジェガン、甘くて美味しそうな色合いですw
ほんと蛍光っぽく見えるから不思議だなあ。

伝家の宝刀の威力も相当なもののようですね。家にあるコート剤が切れたら考えてみようかな。。。

by あびぴろ (2010-06-26 08:48) 

Ulitzen

Zacrowさん、こんばんは~&niceありがとうございます。

いやあ色が本当に鮮烈ですから^^;
工作の方はチマチマとやってきまましたが、確かに仕上がりが変わるんですよね。なんで手は抜けないです。まあ時間がかかるのが難点なんですが^^;
デジラマの方は本当に参考になりました。ありがとうございました。

by Ulitzen (2010-06-26 21:21) 

Ulitzen

あびぴろさん、こんばんは~。

はは、そういえばマスカットとグレープのミックスジュースのような配色だ^^;
でも、もうちょっと萌~となるかと思ったけど、以外と普通でした。
あと、塗料の分離状態を見るとどうやら蛍光色が混ざってるっぽいですね。実際、実物はぼーっと光ってる感じです。

伝家の宝刀の方は、本当に凄い威力です。伝家の宝刀って呼ばれるのが良く解ります。ただ瓶クリアに比べると高いんで、そこが問題ですね^^;

by Ulitzen (2010-06-26 21:36) 

ケン

こんばんは!!

ご無沙汰しておりました!!
まずは、スタークジェガン完成!おめでとうございます♪
お祝いが、遅くなってしまいまして、申し訳ありません!!

カラーリング、楽しみにしていた甲斐がありました!!
お見事に、みるきぃを使い分けしていらっしゃいますね♪
この、カラーリングを拝見して、セイラ・マス専用機って
思ってしまいました。
セイラさんのイメージカラーなんですけど、私は藤色なんです。
なのでですが、いやぁ~、実に素晴らしい、センスですね♪
次回作の、ドムトロも、頑張ってください♪
アレ?ノーマルドムは?という、ツッコミは置いといて!!
by ケン (2010-07-08 23:11) 

Ulitzen

ケンさん、こんばんは~。

お祝いありがとうございます。
色も気に入ってもらったようでなによりです^^;
でもセイラさんですか?
それは思いつきませんでしたね~。
ちなみに私のイメージだとセイラさんは白かなあ。
単純にコアブースターが白だからなんですけど^^;

ドムは・・・まあそのうちに^^;
とりあえずドムトロ頑張ります。

by Ulitzen (2010-07-10 23:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

おすすめ商品

 
ガンプラ新製品
 
 
プラモデル新製品
 
 
フィギュア新製品
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。