So-net無料ブログ作成
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

プラモデル・フィギュア新製品
 
[黒ハート]他にもあるよ[黒ハート]
 

MSV ジムキャノン 12(本体完成) [ガンプラ完成品]

ジムキャノンが完成しました。今回は本体編です。

基本ポーズ。
PK7A3984tsu.jpg
PK7A3986tsu.jpg
PK7A3985tsu.jpg
PK7A3987tsu.jpg

ローアングルから。
PK7A3983tsu.jpg

上半身のアップ。
頭、腕は、HGUC冬ジム、肩アーマー、胴体はMSVを使用。
頭以外はほぼMSVの設定通り。
PK7A3977su.jpg

下半身アップ。
腰、太ももはHGUC冬ジム、すね、足首はMSVを使用。
腰、足首は、MSV設定がちょっと気に入らなかったのでアレンジ。
PK7A3982su.jpg

ビームスプレーガンはMSVから。かなり出来がいい(多少の加工あり)。
シールドはHGUC冬ジムのものを小型化。
PK7A3978su.jpgPK7A3979su.jpg

キャノン、バックパックは、当然MSVから。
ただ、カートリッジが小さくて交換が大変そうなので大型化。
バックパックは、バーニアをHGUC冬ジムから移植。
PK7A3981su.jpgPK7A3980su.jpg

最後は元キット(MSV)との比較
IMGP4834t2su.jpgPK7A3984t2su.jpg

解説
ホワイトベースによるモビルスーツの運用実績、すなわち白兵戦タイプのRX-78を、中・長距離支援タイプのRX-77・RX-75が支援する、という運用は、偶然の産物とはいえ、注目に値するものであった。連邦軍首脳も当然この点に着目しており、RX-78の簡易量産型であるRGM-79の量産とほぼ平行して、キャノンタイプの量産も行われていた。
当初はRX-77をそのまま量産していたが、コストの問題もあり、RGM-79ベースで再設計・生産が行われることになった。
それがRGC-80、通称ジムキャノンである。
RGC-80は、終戦までに約50機が量産され、そのうち北米方面には6機ほどが配備された。
上記の機体はそのうちの1機で、主にカナダツンドラ地帯で運用された。
また、現地の環境に適応させるため、以下の改修が行われた。
・寒冷地仕様化
氷点下の運用に問題をきたさないよう、寒冷地対策が行われた。実際には、頭部をはじめ既に運用実績のあったRGM-79Dの部品をそのまま流用したようである(北極基地での数機の水陸両用タイプMS襲撃時に破壊された機体のものを再利用した、という情報もある)。
・雪上での運動性向上
雪上、特に山岳地帯での移動に支障をきたしていたことから、足首・腰アーマーの形状変更が行われた。これにより20~30%の向上があったといわれている。
・マガジンの大型化
RGC-80のメンテナンス簡略化に大いに貢献したのがマガジンのカートリッジ化である。しかし、マガジン一つあたりの装填数が少なく、当初からマガジン交換時は無防備となる点と単機での交換作業が困難である点が問題視されていたため、マガジンの大型化がなされた。これにより装填数が3倍以上になり、作戦途中での交換が不要となった。
ただし、この加工により重量バランスが悪化したため、左腕に小型のシールドが装備された。

この機体には主にアオイ・ウサキ曹長が搭乗し、森林に隠れながらの砲撃はジオン軍補給部隊など航空部隊に大ダメージを与えた。また彼女はカルフォルニアベース奪還作戦にも参加し大いに活躍したが、終戦間際、重大な軍務規定違反が見つかったため軍を追放された。その後の彼女の消息は全くの不明である(一説には福祉関連の仕事についたとの情報もあるが、真偽の程は定かではない)。

な~んてウソ設定書いてみました^^;、MSVのジムキャノンです。
見ての通り?、HGUC冬ジムとMSVのニコイチです。
作り始めの頃は、冬ジムベースにMSVのキャノンを取り付けるつもりでしたが、紆余曲折を経て、ほぼMSVの形状になりました。
とはいってもウソ設定にあるように、流用キットの都合やMSVのままだたと格好悪い所は、勝手にアレンジしちゃいました(だからウソ設定なんですが^^;)。
その甲斐あって、なかなかスタイリッシュなジムキャノンになったと思います。まあ多少歪んだり左右で微妙に形状が違ってたりしますが^^;。

塗装の方は、北米仕様カラーで塗装。なぜこの色にしたかったかというと、箱絵の雪景色をみてジオラマ化したくなったから(箱絵はいわゆるジム色である赤白系だけど)。
ということで、ジオラマも製作しました(後日公開)。
ジオラマに際し、汚し塗装も実施しています。こちらは前作のEz8とほぼ同じ手順。ただ足首の土汚れは雪上ということでなしです。
また今回焼鉄色を使用。中学・高校の頃は、筆塗りだし艶消しクリアで上塗りするなんて知らなかったので、ガンプラの関節なんかは、メタリックで艶消しであるこの色で全て塗ってました。今回久々に使いましたが、やっぱりいい色ですね。また多用しようかな。

最近MSVはじめ旧キット回顧がはやっているようですが、確かに弄れば弄っただけ成果が表れるので面白いですね。実際このキットも楽しく作れました、って、最初の頃はとても完成するとは思えない状況で永久放置化寸前でしたけどね^^;。

製作期間:2009年2月~2010年1月(実期間:約4か月)
カラーレシピ
本体白GCホワイト5
本体グレーニュートラルグレー 
本体黄MPカスタードイエロー 
関節、バックパック、武器など焼鉄色
バーニアなどシルバー+GCブルー11+ブラック 
シールドGCレッド2 
メインカメラなどハセガワ ミラーフィニッシュ→クレオス メタルプライマー→クリアグリーン、メタルテープ 
アーマー裏TAフィールドブルー
スミイレ TEハルレッド、ガンダムマーカー ブラウン、など  
デカール キット付属、ガンダムデカール 1/144連邦用、など 
汚し塗装ダイソー パステル Bセット、など 
※ 無印:クレオスMr.カラー、GC:ガンダムカラー、MP:みるきぃぱすてる、TA:タミヤアクリル、TE:タミヤエナメル

主な改修点
■頭

・HGUC冬ジムの物を使用
・アンテナを2本化&0.5mmステンレス線に置換
・透明パーツを後ハメ化
・熱収縮チューブで首関節カバーを製作
・右耳?を一旦削ってマイナスモールドに置換
■腕
・腕本体はHGUC冬ジム、肩アーマーはMSVを使用
・熱収縮チューブで手首関節カバーを製作
・肘アーマーをカット
・上腕を幅増し&延長
・肩アーマーを幅増し&肉厚アップ
・右手首内側を武器保持のために加工
■胴体
・MSVの物を使用
・全体的に大きく幅詰め(5mmくらい?)
・コックピットまわりの形状を変更
・排煙口をエッチングパーツで網目化
・胸のフィンを0.14mmプラ板で自作
・首関節を冬ジムから移植
・腰取付用のポリキャップを内部に移植
・肩軸を冬ジムから移植
■キャノン、バックパック
・MSVの物を使用
・キャノンのカートリッジを大型化
・キャノンの接続をコトブキヤのABSパーツに置換
・キャノン基部にギアモールドを追加
・バックパックのバーニアを冬ジムから移植
・バックパックをキャノンの可動範囲に合わせて形状変更
・小さい角バーニア(排煙口)を追加
■腰
・HGUC冬ジムの物を使用
・全アーマーを大型化
・アーマー裏は0.3mmプラ板貼って穴を塞いだ
・V字マークをMSVから移植
・バーニア類は全てオミット
■脚
・太ももはHGUC冬ジムの物を使用
・太ももを延長&形状変更
・すねはMSVの物を使用
・ひざ・足首関節用ポリキャップを内部に移植
・足首はMSVの物を使用
・つま先をエポパテで延長
・ボールジョイントをHGUCザクから移植
・足裏にモールド&バーニアを追加
■武器類
・ビームスプレーガンはMSVの物を使用
・一体となっていた手首を切り離し、不足部分をプラ板等で追加
・シールドは冬ジムの物を使用
・冬ジムの赤パーツ部分を小型化して製作

※ 製作記事はこちら(123456789101113


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 6

ぽ村

こんばんわー

良い感じで仕上がりましたね。
鬼門の足もカッコイイです!

個人的には小さな盾がお気に入りだったりしますw
by ぽ村 (2010-02-14 20:31) 

Ulitzen

ぽ村さん、こんばんは~&niceありがとうございます。

お誉めの言葉ありがとうございます。
元キットの足はあまりに格好悪いので、弄っちゃいました。おかげでグンと良くなりましたね。
盾は大きさ的に役に立つのか不明ですが^^;、バランスを考えるとこれくらいが丁度いいかもです。


by Ulitzen (2010-02-15 21:43) 

ケン

こんにちは!!

完成!!お疲れちゃんです♪
実に、見事な出来栄えですね!!
私では、こうは行きません・・・。手が混んでいますね♪

ウェザリングも、大変参考にさせて頂きました!!
出来上がった物を、汚していく。なるほどコレだ!!と思いました。
これからも、色々、パク・・・違った!参考にさせていただきます♪
by ケン (2010-02-16 17:06) 

Ulitzen

ケンさん、こんばんは~&niceありがとうございます。

お誉めの言葉ありがとうございます。
今回は私にしては珍しく大改造でした。まあここまで弄ると大抵失敗してぽい投げしちゃうんですが、何故か最後まで持ちました^^;
ウェザリングは、それこそ星の数ほど手法がありますが、今回のはエナメル使わないので、お手軽にできると思います。
是非ぱく・・・、チャレンジしてみてください^^;

by Ulitzen (2010-02-16 22:35) 

ぽ村

すんませんw
いま設定を事細かく読みましたw

>アオイ・ウサキ
…重大な軍規違反とは薬物でしょうかw

次回作も楽しみにしてますよ~☆
by ぽ村 (2010-02-18 00:38) 

Ulitzen

ぽ村さん、またまたこんばんは~。

>軍規違反
さてなんでしょう(笑)。
実はマッケンジーのぼでーに、某女史の写真合成して(いわゆるアイコラ)、載せようかと思ったけど、やめました^^;
でも実際は軍が勧めるぐらいだから(って噂ですけど)、違反にはなんないんでしょうね。ガンダムでも強化人間やディスティニーのなんとか人間は薬づけって設定だったし。

by Ulitzen (2010-02-18 22:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
ガンプラ新製品
 
 
 
プラモデル新製品
 
 
 
フィギュア新製品