So-net無料ブログ作成
検索選択
background photo by http://www.wallpaperlink.com/ 

  
ガンプラ、フィギュア等の新製品はこちら

HGUC ハイゴッグ12(完成) [ガンプラ完成品]

コンテストから帰ってきたHGUCハイゴッグです。
コンテストは残念な結果に終わってしまいましたが、自分ではうまくできた方なので見てやってください。
基本ポーズ。
IMGP5679_サイズ変更.JPG

IMGP5682_サイズ変更.JPG

IMGP5681_サイズ変更.JPG

水中巡航状態。
IMGP5696_サイズ変更.JPG

IMGP5694_サイズ変更.JPG

IMGP5698_サイズ変更.JPG

アクションポーズ。
IMGP5688_サイズ変更.JPG

IMGP5744t_サイズ変更.jpg

胴体アップ。
IMGP5742_サイズ変更.JPG
カラーレシピ
本体白ホワイト
本体水色ライトブルー(323番の方)
腹、腕関節等グレーGCグレー1
ランドセル、ミサイルカバーグレーFS36320
ランドセルのライトメタルック
シルバー+黒鉄色
動力パイプTAフラットアルミ+TAフラットブラック
バーニア内部、ミサイルTAフラットレッド
カメラアイ蛍光ピンク
アーマー裏TAダークグリーン+TAセフラットブラック
デカールキット付属(マスキングとして使用)
ガンダムデカール ジオン用、エゥーゴ用
墨入れTEジャーマングレー、コピック ブラック
汚し塗装TEフラットアース、TEダークグレー
タミヤウェザリングマスター すす
※ GC:ガンダムカラー、TE:タミヤエナメル、TA:タミヤアクリル、なし:クレオスMrカラー
解説
HGUCのハイゴッグです。
水陸両用MSの作例では、水色地に白の細い曲線を組み合わせた波模様を模した迷彩塗装がなされることがありますが、同じじゃつまらないということで、白と水色を入れ替えさらに線をカクカクさせるという逆転の発想?で、流氷をイメージした迷彩塗装を施してみました。
さらに汚し塗装も実施。今回は尊敬する越智先生のムック、完璧塗装ガイド2に載っているMGゴッグの作例を真似ました。自分では結構うまくいったと思います。
工作の方は、ABSの割れ対策、後ハメ加工、アーマー裏や足裏の加工など目立たない所をチマチマと。プロポーションは全く変えてないです。ポケ戦もののキットは、本当に出来がいいのが多いですね。
しかし残念ですがキットに少し不満点があります。それは関節が緩いこと。このキットの肝である腕の多重関節はさすがに保持力ばっちりですが、その先の肘関節や膝関節が緩いのです。肘はしばらくすると重力に負けて落ちてくるし、膝は手で支えないと自立できないくらいです。今後作る方がいれば是非気を付けてほしいです。
あと失敗点を。写真の通り、左胸の「031」のデカールが肩アーマーに少し隠れてしまってます。デカールは肩アーマー付けてないときに貼ったので、付けた時には後の祭り。しかも汚し塗装をしたあとだったのではがして貼り直すわけにもいかず、結局そのままです。また、水色の細線のリタッチで筆ムラ色ムラがでてしまっているのも反省点です。
実はこのキットを黄潜水艦千葉店の第18回ホビーコンテストに出してみましたが、上記の失敗点が影響したのか6票(順位不明)という惨敗でした。まだまだ精進が足りないようです(笑)。

完成:2009年1月、制作期間:2008年11月~2009年1月(実期間:約3か月)
主な改修点
■頭・胴体
・腹部を後ハメ加工
・腹部バルカン、背中バーニアを真鍮パイプ、市販オプションパーツでデコレート
・甘めのモールドをプラ板等で再生
■腕

・多重関節の割れ対策を実施
・肩内部の接続ピン&軸受を削除
・肩内部を多少デコレート
・磁石を利用して爪を後ハメ加工
■腰・脚
・腰のフィンモールドが甘いので市販オプションパーツに置換
・足首裏をエバグリスジ彫り入りプラ板等でデコレート
■バックパック
・バーニアを市販品に変更、合わせて元々のバーニアは足首裏に移植
・アンテナを細プラ棒&真鍮パイプに置換

※ 製作記事はこちら(1234567891011

nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 5

Zacrow

こんばんは。
コンテスト、入賞逃されたようで残念です。
ハイゴッグというマニアックな機体と見慣れない流水迷彩、汚し系というところでやはり一般受けはしなかったんでしょうね。
しかしながら自分の見る限り汚し方は素晴らしいし、流水迷彩も意欲を感じて、うーさんの作品の中でも1・2を争う秀作だと思いますよ。

何よりご自身が満足されているようで安心しました。

ジムの方も楽しみにしてます。
by Zacrow (2009-03-28 00:14) 

あびぴろ

ウリッツェンさんこんばんは。

コンテストは残念な結果になってしまいましたね。

一般受けかぁ。。。
偶然にも宇都宮店の最優秀賞(って賞だったかな)もMGジオングでしたが、基本的には存在感があり、人気もある機体で、綺麗なグラデーション塗装を施しているものが有利なんでしょうね。。。
人気投票だもんなぁ。

私は、流氷迷彩のハイゴックがイチオシです。新しいアイデアだし存在感もあると思います。

模型造りは自分のコンセプトでどう表現するか、形にするかが醍醐味ですよね。

by あびぴろ (2009-03-28 21:45) 

Ulitzen

Zacrowさん、あびぴろさん、こんばんは。
Zacrowさんniceありがとうございます。
コンテスト>
やはり一般人投票のコンテストでは、人気機体が有利なんでしょうねえ。流石にハイゴッグに汚し塗装はちょっとマニアック過ぎましたかね(笑)。
まあ、でもちゃんと審査員がいたとしても入賞はやっぱり無理だったと思います。やっぱり入賞する作品はオーラが漂ってます。私のは流石にそこまでは・・・。
でも、おしゃる通り私はとても気に入っているので、気を取り直してジムがんばります。
あびぴろさん>
二重コメント消しときましたよ(笑)。

by Ulitzen (2009-03-29 20:01) 

踊る人形

はじめまして
ガンプラの汚し塗装を探して辿り着きました
ハイゴッグの迷彩とてもカッコ良いです  
今まで白い機体の汚し塗装が上手くいかなかったのですが、参考にさせていただきます

by 踊る人形 (2011-02-05 16:52) 

Ulitzen

踊る人形さん、はじめまして&お褒めの言葉ありがとうございます。

だいぶ前に作ったんでウロ覚えですが、白い機体の場合は汚しカラーを淡い色合いにするのがコツだと思います。
このキットでは、良く使われる黒+茶の混色やジャーマングレーじゃなくて、黄土色に近いフラットアースや、ちょっと白寄りなダークグレーを採用しました。

あと近作はエナメル塗料じゃなくてパステルなんかも使ってますんで、よかったら見てやってください。

by Ulitzen (2011-02-07 21:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

おすすめ商品

 
ガンプラ新製品
 
 
プラモデル新製品
 
 
フィギュア新製品
 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。